MavsJapan

マブスを応援するサイトです。NBA強豪チームのダラスマーベリックスがノビツキー引退する前にもう一度優勝できるよう応援しています。

マブスがもう一度優勝できるよう応援するサイトです!Go Mavs!!

Dirk Nowitzki

ノビツキーのプレイスタイルの変遷



  片足フェイダウェイシュートを得意とし、おそらく殿堂入り、また、史上最高のヨーロッパ人プレイヤーのノビツキーも17シーズン目に入った。しかしながら、いまだにエリートプレイヤーとしてプレイし続けいている。

 エイブリージョンソンがヘッドコーチとして指揮した05ー06シーズン、ノビツキーによりポストでプレイするよう指示をした。これによって単なるスポットアップシューターからリーグでも最も止めにくいポストアッププレイヤーとなった。
 
 07ー08シーズンからリックカーライルがヘッドコーチとなり、よりスリーポイントを少なくしジェイソンキッドとジェイソンテリーとのTwo-Man Gameをするよう指示した(ピック&ロール、ピック&ポップを多用した)一方で、ポストアップゲームはそのままゲームに組み込んだままとした。2010−11シーズンにはリーグで最も支配的なペリメータープレイヤーとなった。ノビツキーのこの進化はキャリアハイのFG%51.7%というアベレージをレギュラーシーズンで残す事となり、またプレイオフでの平均27.7点を記録する原動力となった。結果、チャンピオンシップをもたらした。

 しかしながら、上記のような負担のかかるプレイをシーズン中続けいていると、プレイオフでの体力が続かなくなることから、最近では以下の通り、ゴール下から離れたところでシュートを放つようになった。2015-09-14 13_40_20-Microsoft Excel non-commercial use - Book1

 ここ数シーズンのノビツキーのプレイの好みはモンテエリスやJ.J.バレアからのキックアウトパスをうけとってからのシュートだ。このプレイでシュートを決めた数は昨シーズンでリーグ3位だった(1試合あたり、約8点をキャッチ&シュートで決めている)。ちなみに1位はカイルコーバー、2位は.J.レディックとなっており、4位はクレイトンプソンとなっている。
PLAYERTEAMCATCH-AND-SHOOT PTS/GMCATCH-AND-SHOOT FG%CATCH-AND-SHOOT 3PT%
KYLE KORVERATL8.5150.150.4
J.J. REDICKLAC7.9746.645.4
DIRK NOWITZKIDAL7.9644.038.2
KLAY THOMPSONGSW7.9544.946.5
TREVOR ARIZAHOU6.2536.336.4

 ノビツキーのシューティングスキルはダラスに多くの選択肢をあたえあたえ、また、ダラスをリーグで最もピック&ロールを使うチームにした。来シーズンはデロンウィリアムスとのピック&ロールからパスを受け、マシューズのポストアップからパスを受け、多くのシュートを決めることだろう。

引用
http://www.mavs.com/the-four-horsemen-dirk-nowitzki/ 

ノビツキー(Dirk Nowitzki)、来シーズン以降6thマンの可能性?



 今シーズン中のノビツキーの6thマンとなる可能性を否定しながらも、来シーズン以降は6thマンの可能性があるとアメリカの記者Tim Catoが述べている。というのも以下に記載の通り、相手チームとの得失点差が一番大きいラインナップにノビツキーが入っていないからだ。(ちなみに2番目に得失点差が大きいラインナップには入っている。)
 
 一番得失点差が大きくなるラインナップはタイソンチャンドラー、アルファミクアミヌ、チャンドラーパーソンズ、ホセバレア、モンタエリスのラインで得失点差(以下のNetRtg※1に街頭)はなんと42点差になるという。したがって、スタメンは一旦上記にしつつも、未だにクラッチシューターで試合を決定づけるシュートの打てるノビツキーを試合終盤に疲労していない状態で、出場させてはどうか?という提案になっている。

 個人的にはこの意見に賛成であるものの、ノビツキーがスタメンでなくなるというのは寂しさも感じる。控えになるとしてもアルファルクアミヌの控え。。。というのではなく、しっかりしたスターパワーフォワードの控えなら、納得できる、というのがファンとしての率直な気持ちである。

※1.NetRatingとは100ポゼッションあたりでどれだけ得失点差が開くかを表す指標。
NetRating =OffensiveRating-DeffensiveRating
OffensiveRating:100ポゼッション(100回オフェンスをしたとして)あたりにどれだけ得点がとれるかを表す指標
DeffensiveRating:100ポゼッション(100回オフェンスをしたとして)あたりにどれだけ得点を許したかを表す指標


2014-15 REGULAR SEASON TEAM LINEUPS ADVANCED STATS
LineupsGPWLMINOffRtgDefRtgNetRtgAST%AST/TOAST RatioOREB%DREB%REB%TO RatioeFG%TS%PACEPIE
Aminu,Al-Farouq - Barea,Jose Juan - Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Parsons,Chandler86236116.273.542.753.12.4317.232.491.962.210.051.454.297.2877.4
Barea,Jose Juan - Jefferson,Richard - Nowitzki,Dirk - Rondo,Rajon - Smith,Greg64234104.876.028.865.42.8318.916.780.050.09.050.052.495.6368.8
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Harris,Devin - Nowitzki,Dirk - Parsons,Chandler127542128.9105.723.364.92.0018.547.675.059.513.951.959.098.0563.0
Aminu,Al-Farouq - Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Harris,Devin - Parsons,Chandler116537108.686.821.856.72.1316.818.260.943.010.251.555.7100.8069.0
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Harris,Devin - Parsons,Chandler - Villanueva,Charlie86231114.893.521.357.12.0019.319.277.849.112.958.360.397.8759.7
Aminu,Al-Farouq - Barea,Jose Juan - Harris,Devin - Nowitzki,Dirk - Villanueva,Charlie105540121.0100.220.873.52.2721.331.677.854.113.756.759.899.5057.3
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Jefferson,Richard - Nowitzki,Dirk - Rondo,Rajon76142108.087.220.869.72.0921.218.960.040.314.053.656.991.7263.9
Aminu,Al-Farouq - Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Harris,Devin - Jefferson,Richard66020118.6100.118.542.11.1414.940.076.559.417.758.360.8105.6457.6
Aminu,Al-Farouq - Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Parsons,Chandler - Rondo,Rajon6332285.567.018.460.00.7515.125.061.545.726.348.650.597.4878.9
Barea,Jose Juan - Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Nowitzki,Dirk - Parsons,Chandler63342119.5111.28.352.51.9117.436.871.455.012.953.857.793.3556.7
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Harris,Devin - Parsons,Chandler - Powell,Dwight31222119.0114.44.745.01.8014.931.862.544.711.252.357.093.4951.9
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Nowitzki,Dirk - Parsons,Chandler - Rondo,Rajon20119307103.0102.50.554.71.4817.123.073.947.615.451.754.196.0748.5
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Harris,Devin - Jefferson,Richard - Parsons,Chandler106425106.6107.8-1.163.64.6721.312.577.343.56.253.253.397.9248.8
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Jefferson,Richard - Parsons,Chandler - Rondo,Rajon107331104.5107.3-2.866.72.8018.122.669.045.08.945.150.496.3744.1
Ellis,Monta - Harris,Devin - Parsons,Chandler - Smith,Greg - Villanueva,Charlie7522378.784.5-5.861.11.1016.38.051.532.818.345.546.1112.9146.2
Chandler,Tyson - Ellis,Monta - Jefferson,Richard - Rondo,Rajon - Villanueva,Charlie4312396.3106.2-9.944.40.8014.121.185.755.022.455.655.693.3545.0
Harris,Devin - Jefferson,Richard - Nowitzki,Dirk - Rondo,Rajon - Smith,Greg76120105.5118.8-13.370.62.4021.515.884.643.812.352.755.592.6846.7




【引用】
http://stats.nba.com/team/#!/1610612742/lineups/advanced/?CF=MIN*GE*20&sort=NET_RATING&dir=1&DateFrom=12%2F18%2F2014
 

ノビツキーは依然としてアイソレーションでリーグ上位のプレイヤー



ノビツキーがアイソレーションでの得点の効率性(1回のポゼッションで何点とれるかの期待値)でリーグの8位になった。1位から順に見ていくとデュラント、ローズ、トンプソンとなっているが、これらの選手はアイソレーションで3Pを効率よく決められるため、上位にきていると思われる。その中で2Pをメインに勝負するノビツキーが上位にきているのは特異だと思う。

また、アイソレーションの数でトップなのも見逃せない(上位10人の中でトップ)。

20150115_iso_2014-15

36歳になり、リーグでもベテランになったが、これからもトッププレイヤーでいてほしい。


http://www.mavs.com/dirk-still-a-one-on-one-nightmare/ 

ノビツキー、歴代得点記録8位になる



 我らがエースのノビツキーがついに得点記録歴代8位に浮上した。
いつの間に?という印象だが、このままいくとどれくらいまで行けるのか
きになって現在のランキングを調べてみたのが以下である。

RankPlayerPosition(s)Team(s) played for (years)[2]TotalpointsGames playedPoints per game
average[3]
Field goals
made
Three-point
field goals

made
Free throws
made
1Kareem Abdul-Jabbar*[4]CMilwaukee Bucks (19691975)
Los Angeles Lakers (19751989)
38,3871,56024.615,83616,712
2Karl Malone*PFUtah Jazz (19852003)
Los Angeles Lakers (2003–2004)
36,9281,47625.013,528859,787
3Kobe Bryant^SGLos Angeles Lakers (1996–present)32,3751,27325.511,2841,6818,126
4Michael Jordan*SGChicago Bulls (1984199319951998)
Washington Wizards (20012003)
32,2921,07230.112,1925817,327
5Wilt Chamberlain*CPhiladelphia/San Francisco Warriors(19591965)
Philadelphia 76ers (19651968)
Los Angeles Lakers (19681973)
31,4191,04530.012,68106,057
6Shaquille O'NealCOrlando Magic (19921996)
Los Angeles Lakers (19962004)
Miami Heat (20042008)
Phoenix Suns (20082009)
Cleveland Cavaliers (2009–2010)
Boston Celtics (2010–2011)
28,5961,20723.711,33015,935
7Moses Malone*CBuffalo Braves (1976)
Houston Rockets (19761982)
Philadelphia 76ers (19821986)
Washington Bullets (19861988)
Atlanta Hawks (19881991)
Milwaukee Bucks (19911993)
Philadelphia 76ers (1993–1994)
San Antonio Spurs (1994–1995)
27,4091,32920.69,43588,531
8Dirk Nowitzki^PFDallas Mavericks (1998–present)27,3521,21822.59,6121,5106,618
9Elvin Hayes*PFSan Diego/Houston Rockets(19681972)
Baltimore/Capital/Washington Bullets(19721981)
Houston Rockets (19811984)
27,3131,30321.010,97655,356
10Hakeem Olajuwon*[5]CHouston Rockets (19842001)
Toronto Raptors (2001–2002)
26,9461,23821.810,749255,423

ノビツキーの現役があと4年(現在36歳で40歳まで現役とする)だとして、仮にシーズン平均20点とするとすごいざっくりで以下のような感じになる。
80試合×4年×20点=3,600点

そうすると大体3万点になり、上手く行けばシャックを抜いて歴代5位になると予測する。
もちろん怪我しないで、現役を続ければという話なのだが期待せずにはいられない。 

ノビツキーのフェイダウェイシュート



スポーツのジャンルを問わず、プロスポーツ選手を分析する「スポーツサイエンス」の番組に
ノビツキーのフェイダウェイが取り上げられていました。

いくつかトピックをあげると
・元々セブンフッターで打点が高い
・フェイダウェイするときは基本的に左にバックステップ
・その際に右足(膝)を突き出すことでバランスを保つ
・フェイダウェイの角度は真上にジャンプしたときを90°とすれば−20°後ろに体を倒している
・結果的にブロック不可能なシュートになっている


という分析。以下でも紹介しているのでお時間ある方は見てください。
最近ではデュラントやレブロン等の超一流プレイヤーもまねしてくれているのがうれしい。


 

 
アクセスカウンター