MavsJapan

マブスを応援するサイトです。NBA強豪チームのダラスマーベリックスがノビツキー引退する前にもう一度優勝できるよう応援しています。

マブスがもう一度優勝できるよう応援するサイトです!Go Mavs!!

パーソンズ、多才さゆえの難しさ



 シュート、ドリブル、パスができて、リムでもフィニッシュできる。チームのGo-To Guyになる可能性を秘めている。昨シーズンはキャリアハイの17.1点、3PT%38.0%を記録した。パーソンズの主な長所は3つある。

 ①サイズに恵まれている(スモールフォワードのポジションのなかで)
身長は206cmとかなり大きい方。同ポジションではケビンデュランが同じ身長で、レブロンジェイムス、カーメロアンソニーは203cm。

 ②オフェンスが多才
スリーポイントシュートもうまく、パス、ドリブルも上手い上にサイズもある。加えてバスケットIQも高いため、自分より背の低いプレイヤーがマッチアップした際にはポストアップして攻める事ができる。

 ③ディフェンスが良い
目立った数字こそ残さないものの、元々はディフェンス力を見込まれてドラフトされた(といっても2011年2巡目38位だが)

 上記の長所があげられる中で最もユニークな長所としてはピック&ロールがリーグ有数に上手いという事だ。下記データを見たもらいたい。

(100回以上ピック&ロールを行ったプレイヤーの中から選出)
PLAYERTEAMP&R POINTS/POSSP&R FG%
LOU WILLIAMSTOR1.03242.8
CHRIS PAULLAC0.97149.6
STEPHEN CURRYGSW0.97046.5
JAMES HARDENHOU0.95945.7
CHANDLER PARSONSDAL0.95148.9
クリスポールや、カリー、ハーデンとならんで、得点効率の良さがわかる。ほぼほぼ、1かいのポゼッションにつき、平均で1点は入るようなデータとなっている。ノビツキーというフロアを広くしてくれるプレイヤーがいるからということもあるが、マブスのウィングプレイヤーとしては最も得点効率の良いプレイの一つとなっている。興味がある方は以下の動画を見てほしい。ノビツキーがスクリーンにいき、外に開くものの、彼のスリーポイントを警戒してヘルプに行けず、フリーでパーソンズがレイアップするというシーンである。

http://giant.gfycat.com/ImmenseHardtofindDiplodocus.gif

 パーソンズは多才で非常に才能のあるプレイヤーだ。それゆえにリーグの中で最もゲームプランのたてにくい選手となっている。

引用
http://www.mavs.com/chandler-parsons-pick-and-roll-prowess-powers-mavs-offense/ 

ノビツキーのプレイスタイルの変遷



  片足フェイダウェイシュートを得意とし、おそらく殿堂入り、また、史上最高のヨーロッパ人プレイヤーのノビツキーも17シーズン目に入った。しかしながら、いまだにエリートプレイヤーとしてプレイし続けいている。

 エイブリージョンソンがヘッドコーチとして指揮した05ー06シーズン、ノビツキーによりポストでプレイするよう指示をした。これによって単なるスポットアップシューターからリーグでも最も止めにくいポストアッププレイヤーとなった。
 
 07ー08シーズンからリックカーライルがヘッドコーチとなり、よりスリーポイントを少なくしジェイソンキッドとジェイソンテリーとのTwo-Man Gameをするよう指示した(ピック&ロール、ピック&ポップを多用した)一方で、ポストアップゲームはそのままゲームに組み込んだままとした。2010−11シーズンにはリーグで最も支配的なペリメータープレイヤーとなった。ノビツキーのこの進化はキャリアハイのFG%51.7%というアベレージをレギュラーシーズンで残す事となり、またプレイオフでの平均27.7点を記録する原動力となった。結果、チャンピオンシップをもたらした。

 しかしながら、上記のような負担のかかるプレイをシーズン中続けいていると、プレイオフでの体力が続かなくなることから、最近では以下の通り、ゴール下から離れたところでシュートを放つようになった。2015-09-14 13_40_20-Microsoft Excel non-commercial use - Book1

 ここ数シーズンのノビツキーのプレイの好みはモンテエリスやJ.J.バレアからのキックアウトパスをうけとってからのシュートだ。このプレイでシュートを決めた数は昨シーズンでリーグ3位だった(1試合あたり、約8点をキャッチ&シュートで決めている)。ちなみに1位はカイルコーバー、2位は.J.レディックとなっており、4位はクレイトンプソンとなっている。
PLAYERTEAMCATCH-AND-SHOOT PTS/GMCATCH-AND-SHOOT FG%CATCH-AND-SHOOT 3PT%
KYLE KORVERATL8.5150.150.4
J.J. REDICKLAC7.9746.645.4
DIRK NOWITZKIDAL7.9644.038.2
KLAY THOMPSONGSW7.9544.946.5
TREVOR ARIZAHOU6.2536.336.4

 ノビツキーのシューティングスキルはダラスに多くの選択肢をあたえあたえ、また、ダラスをリーグで最もピック&ロールを使うチームにした。来シーズンはデロンウィリアムスとのピック&ロールからパスを受け、マシューズのポストアップからパスを受け、多くのシュートを決めることだろう。

引用
http://www.mavs.com/the-four-horsemen-dirk-nowitzki/ 

ポイントガードはマブスの強み




  4回のオールスター経験のある、ラジョンロンドを失ったにもかかわらず、マブスのポイントガードの層には深みがあるーーーー

 14-15シーズン、マブスはベテランポイントガードのジャミーアネルソンをスタメンにそえた。結果23ゲームに出場、平均7.3点、4.1アシストを記録したものの、フィールドゴール成功率は37.4%と低調に終わった。

 これがロンド獲得につながったのだが、最高責任者を務めるドニーネルソンもこの獲得にはリスクがないわけではなかったといっている。
ロンド獲得はリスクがないといわけではなかった。しかし、リスクをとる価値はあると判断したんだ。我々はパスを第一に考えるポイントガードが欲しかった。
 しかしながら、ジャンプショットを主体とするダラスにジャンプショットの苦手なロンドはフィットしなかったのは明白だった。来シーズンはキングスと契約をしたロンドの後釜にデロンウィリアムスを獲得。10年間で平均17点、8.5アシストを記録するデロンはシュートも上手でFGは44.7%、3Pは35.8%である。また、今シーズンは体調が非常にいいという。

 デロンに加え、デビンハリス、ホセバレア、レイモンドフェルトンと、ある程度の活躍が見込めるポイントガードがバックアップにいることで、マブスのポイントガード層は強みになると思われる。

アクセスカウンター